三菱東京UFJ銀行にワンタイムパスワードについて問い合わせてみた

全く技術ネタでもWordPressネタでもないのですが。
三菱東京UFJ銀行のワンタイムパスワードについて、アプリにするか、カードにするか、私のように悩んでいる方も多いのではないかと思い、問い合わせをした内容をブログに書いてみることにしました。

2016年6月12日より前にワンタイムパスワードを使えるようにしなくてはならない

三菱東京UFJ銀行は乱数表を利用してインターネットバンキングができていましたが、2016年6月12日からは、乱数表の代わりにワンタイムパスワードを使用しないと、取引ができなくなりますよ、というお話です。昨年から再三案内はされてきましたが、ずっと放置してきました。が、6月も迫ってきたところで、そろそろ利用登録をしてみようと思い立ちました。

アプリ or パスワードカード?

ワンタイムパスワードを利用するためには、2つの方法があります。
スマートフォンアプリで利用登録をするか、ワンタイムパスワードカードを発行してもらうかのいずれかです。どちらかを選択すると、その方法でのみワンタイムパスワードを発行することが可能です。

スマホを持っているならやはりアプリが便利か?と思いきや、アプリの評価が悪い悪い・・・。どうやらOSのアップデートのたびに利用登録をしなおさなくてはならないそうです(iPhoneアプリ)。
一方パスワードカードについてもこちらのブログを見ると、電池交換の手間があったり、時刻補正が必要だったりと書いてあり、何だかどちらも微妙。
さて、どうするか。

三菱東京UFJ銀行のヘルプデスクに問い合わせてみた

というわけで、もう少し詳しいことをヘルプデスクに直接聞いてみることにしました。

Q1. アプリかパスワードカード、一度利用方法を選択したら変更はできないの?

A1. 変更可能

だそうです。ですよね。
具体的には、パスワードカードからアプリに変える場合には、インターネットバンキングの画面で利用登録解除を行った後、普通にアプリで利用登録をすればよいとのこと。
アプリからパスワードカードに変更したい場合も、インターネットバンキングの画面で利用登録を行い、その後同じくWebの画面でカードの利用申し込みをすればよいとのこと。パスワードカードの発行までには1週間〜10日かかるとのことなので、この間ネットバンキングの取引ができなくなる点は注意。

Q2. パスワードカードの電池ってどのくらい保つの?

A2. 5年くらい

ということです。また、電池が切れたらパスワードカードは再発行の扱いになると言っていました。再発行は、インターネットバンキングの画面で、利用開始から1年以降でできるとのこと。紛失した場合は有料みたいですが、電池切れの場合の再発行は無料と言っていました。紛失と電池切れの住み分けをどう行っているのかはちょっとわからなかったですが。

Q3. パスワードカードの時刻って、そんなにずれるもの?

A3. 最初に合わせたら、時刻補正が頻繁に必要ということはない

というような回答でした。時刻補正もインターネットバンキングの画面上で可能らしいですが、面倒なことはできたらあまりしたくないので、補正ってそんなに高い頻度で必要になるんだろうかと思っての質問でした。

Q4-1. iOSアプリで、アプリのバージョンアップごとに再利用登録が必要になると聞いた。それって本当?

A4-1. 本当

残念ですね。

Q4-2. 再利用登録が必要になるのは例えば、iOS9.2->9.3のアップデートのとき?それともiOS9->10へのアップデートのとき?

A4-2. iOS9.2->9.3のようなバージョンアップでも必要

残念ですね。メジャーバージョンアップの頻度でならまだいいか?と思っての質問でしたが、マイナーバージョンアップのときも再利用登録が必要だそうです。

まとめ

以上のことから、今のところはパスワードカードにするのが良いのかなぁと考えています。

  • パスワードカードは電池切れで再発行の手間があるにしても、5年はもつので十分
  • 時刻補正が必要な場面もそんなになさそう
  • アプリ(iOS)は再利用登録の頻度が半端なさそう
  • 後々アプリの使い勝手が向上したらアプリに変えるのもいいかも

といったところでしょうか。
みなさまの選択の判断材料になれば幸いです。

参考

三菱東京UFJ銀行の「ワンタイムパスワード」申込みが怖くて出来ない
三菱東京UFJ銀行|ワンタイムパスワード